スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月14日土曜日、15日日曜日、京丹波町の「わち山野草の森」で「はるいろさくらまつり2018」を開催します。
野外展覧会「森の展示室」は、年間約900種の山野草が息づく森で、ガラス工芸家 荒川尚也、陶芸家の鈴木隆、和紙作家ハタノワタルら総勢50名が、自然との共存をテーマに作品を展開。オーガニックフードや旬の地元料理が並ぶ「はるいろマルシェ」、専門家による山野草ツアー、子どもと楽しめる体験も充実!
詳しいお問い合わせはわち山野草の森 電話0771-84-2041まで。

春の森で心も体ものんびりしましょう。皆さまのご来場をお待ちしています。

https://www.haruirosakura.com/






はるいろさくらまつりチラシ2018裏








スポンサーサイト

青い空
晴れた日


2017.11.17   
東屋完成

018_201801210119111bf.jpg




春先には ミモザ しだれ桜など 
草花と親しみつつ 豊かな時間を。




012_20180121011902500.jpg


春が待ち遠しい


東屋に、藤、または クレマチス
モンタナ種 または・・  

考えるのが楽しみ






夜が更けてのクリスマス前だったので 
少し明かりを添えました。

夜は、完成パーティ

子どもたちが大はしゃぎ

大工さんのご厚意で取り付けてくださったブランコ


037.jpg


036.jpg


053_20180121011911a3f.jpg


そして・
この日から、このブランコの取り合いが
はじまりました。
大人も、子供も、そして ワンちゃんも
楽しくて

ゆられています。







商品撮影


お菓子、ケーキを撮影していただきました。

素敵な写真にしあがって、 とても嬉しかったデス。


029_20171108002821a37.jpg




近隣の田んぼでは稲刈りが終え、黒豆の枝豆、栗  柿  
クライマックスです

今年も豊作を願って・・


012_20170909223345c53.jpg



夕暮れで誰もいない
鷺が畦に一羽 

カメラを持ってこなかったことを悔やんだけど しかたない。。

きれいに刈られたあぜ道をすすむ
日が落ちかけてきた中 水面から弧にのびあがる蕾 と 
花というより  生物

風がやや強くなり、大きく波打つ中 葉が次々と裏返っては戻り
葉脈がはっきり浮き上がる

朝日の中でカメラを向ける方が多いので、
早朝は人でいっぱいらしい


アクタガワの蜘蛛の糸を思い浮かべつつ
池の淵をまわる

さてさて、 美しい蓮の花の咲き乱れる池をのぞくと何が写るのかな







006_20170810225939dae.jpg

007_2017081022593718f.jpg


ゴータマ・シッダルタが悟りを開いた ブッダガヤ
寺院を見てまわったあと  
小さな屋台で食べた

あとで知ったのですが、 蓮の実

遠い記憶の中で味は忘れたが、。。 蓮というのだけは記憶している
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。